赤ら顔対策でフォトRFを受けてきました~予約から照射まで~

こんにちは。百花です(^^)/今年も当ブログをよろしくお願いします。

新年早々今年も赤ら顔で悩んでおりました。

以前赤面症の手術を顔の右半分だけ行ったのですが、

効果があると思えるのは今のところ運動した後と、限られた時だけ。

私はもともと赤ら顔で、暖房がきいているところに行ったときは緊張してなくても真っ赤になってしまいます。

そして、赤くなっているのを人にみられていると思うと緊張してしまい益々赤みが強くなり、収拾がつかなくなります。

そんなときフォトRFというのが赤ら顔に効果があるとちょいちょいネットで見かけていたので、藁にもすがる思いで受けてみることにしました。

それにしても、悩みを解消したくても美容クリニックってなかなか行き辛いですよね、、、

最初の一歩をがなかなか踏み出せないというか、、、。

私もそんな一人だったのですが、今回美容クリニックの初回予約をするところから照射を受けるまでの流れを書いてみました。

この記事を読んで、美容クリニックへ行く気持ちのハードルが下がれば嬉しいです(^^)/

フォトRFとは?

光と高周波を照射することで、メラニン密度の高い色素斑を含む表皮にのみダメージを与えターンオーバーにて排出させる施術です。

シミ・くすみ・ニキビ跡・赤ら顔といったお肌の悩みに効果的です。

フォトRF以外にも赤ら顔のレーザー治療はクリニックや病院によっても扱っている種類や設定価格が異なるため、

通える範囲で自分に合いそうな方法を見つけられたらいいですね(^_-)-☆

湘南美容クリニックにて受けることにしました

私は、湘南美容クリニックでフォトRFアドバンスというものをを受けることにしました。

ちょうど私の住む地域から通える範囲にあったことと、

フォトRFアドバンスのみなら10000円以下で受けられることが事前にネットからの情報を得たので決めました。

予約

美容外科には行き慣れてないので、予約の段階からドキドキしました。

いざ番号を調べて電話をしようとしたら、最初の予約はネットでの予約を勧めているみたいでした。

ネット予約で第3希望まで日時を入力し返事がくるのを待ちました。

私が希望した日が年末と年始だったため、もしかしたら予約で一杯かなぁと思っていました。

翌日早速仮予約のメールと、予約確定のメールが二通届きました(^^)/

第3希望の年始の日に決まり、ホット一安心。

予約が決まった時はなんだか嬉しくなって、

この赤ら顔が改善してこの一年を始められるんじゃないか、赤ら顔を気にせずいい加減生きやすい日々を送りたい!!なんて想像したりしました。

現実的には、赤面症の手術の時も自分の思うようにはならなかったので、そんな甘いことはないだろうなとも思いなおしました。

予約日時確定のメールから事前にWEB問診の入力をするようになっていたので、自分の既往歴などの情報や今回の来院目的、身体の気になっている部分などを入力しました。

たしか、自分の体の気になる箇所を選ぶ際に、赤ら顔の項目は無かったのでその他の項目のところに、顔の赤みが気になると入力しましたよ。

いざ、湘南美容クリニックへ

お正月も過ぎたころ、ついに予約日当日です。

ドキドキしながらクリニックへ行くと、私以外にも沢山人がいて少し緊張が和らぎました。

私が行ったときは女性と男性半々くらいだったのが予想外でした。

もし男性だからという理由で行き辛いと思っている方がいたら、男性も躊躇なく行けると思います!!

問診はネットで終わっていたので、番号が呼ばれるまで待合室で待ちました。

待合室では椅子が並べて置いてあり、飴やウォーターサーバーの水が飲み放題でした。

待合室は暖房がよく効いていたので、この時点で私の顔は真っ赤になっているのが感じ取れ、この顔で先生に会うのかと気分は落ち込みました。

待合室に設置してあるテレビでは、40代の男性医師が美容整形で見た目20代になるという病院の宣伝を兼ねた企画?が流されており、かなり無理があるな、、、なんて思いながら見ていました。

それを見て一人で笑いそうになったので、私みたいな緊張しながら来ている患者さんを和ませるために流してくれているものなのかとも思いました。(笑)

先生の診察

20分ほど待ち、ついに私の番号が呼ばれました。

化粧をしてから来ている場合はその場で洗顔に案内されるようでしたが、

私は化粧水と乳液はつけていたもののスッピンだったのでそのまま先生の待つ診察室へ。

真っ赤な顔をマジマジとみられるのは嫌だなと心の底から思いましたが、

先生はとても優しそうな雰囲気の先生で、少し安心して自分の悩みを話すことができました。

先生曰く、私が調べてきた通り顔の赤みに効果があるのは、そこのクリニックに置いてあるものの中ではフォトRFアドバンスであることを教えてくれました。

しかし、、、

受けた人全員の顔の赤みに効果があるかは分からない。」と言われました。

藁にもすがる思いだったので、正直ガーーーーンとショックを受けました。いや、でもそりゃそうだよなぁって分かってはいたんですよ。

あとは、5回は受けないと効果をなかなか実感できないことや、

夏は肌がダメージを受けやすい季節なのでそれまでに受け終わったほうがいいと説明を受けました。

その他イオン導入と内服薬を併用すると効果的であるこを話されました。

先生と話をしていて嬉しかったことは、私の肌の状態事態は悪くないと言われたこと。

やっぱりなと思ったことは、、、

「あなたの場合は緊張したときと、温かいところに行ったときなどにじわーっと赤みが広がっていくタイプの肌ですね。」と言われたことです。

先生が肌の状態を診たり私の訴えを聞いたりして、治療の提案をしてくれたところで診察は終わりました。

この場で先生と実際に何をするか決めると思っていたのですが、

具体的な治療内容の決定や料金の話はまた別にアドバイザーさんのほうからあるとのことでした。

アドバイザーさんとのカウンセリング

先生の話が終わった後再び待合室で待つこと約15分、

次はカウンセリングで別の個室に呼ばれました。

アドバイザーさんはマスクをした綺麗な感じの方だったので少し緊張しました。

アドバイザーさんは話し出すとすぐに、「私もこのフォトRFが好きでよくやってます。」と言ってきました。

よくしているということは、勤めていると社員価格とかで受けれるのかな?いいなぁなんて内心思いました。

そこでフォトRF アドバンスの経験者であるアドバイザーさんが私に言いました。

「5回以上はしてほしいですが、10回やってやっと周りから変わったねと言われたので、10回はすることをお勧めします。」と。

私は迷いました。ここで思いっ切って5回か10回の契約をするか、、、。

本当は思い切ってまとめて契約して確実な効果を得たかったのですが、今日5回分払えるお金もなかったのでとりあえず1回してみたいことを伝えました。

これは人によって考え方が違うと思うのですが、

そもそも私は、人に変化を気づかれなくていいので自分自身が分かる変化、私の場合は”顔の赤みが引く実感”があれば十分なのです。

1回 9,980円 5回では44,000円で私は5回の契約はしませんでしたが、5回で契約すると幾らかお得なようです。

すると今日5回分払えないならと、医療ローンを組めることを教えてくれました

私の場合はローンは組まないことにしているのでその都度払っていきますと言ってローンを組むことは断りました。

ローンを組むと私の場合、言われるがままに流されてあれもこれもしたくなりそうなので、今持っている現金で払えるものだけにすると事前に決めていました。

それに1回してみてどうも合わない可能性もあるので、ローンを組む場合は納得してローンを組んでくださいね。

その次はイオン導入の話でした。

これは先生からも勧められたもので、レーザーをあてた後の肌を冷却作用でクーリングして薬剤を効果的に肌の奥に導入できるものなのだそうです。

私が勧められた薬剤は約1万円するものでした。

他に5千円ほどのものもあったので(これも高いけど1万円からしたら安く感じてしまった)そっちではダメかと聞いたら保湿効果も1万のに比べたら劣るし、

5千円の方は肝斑に効果があるものなので私の場合にはおススメしないと言われました。。。確かに肝斑でレーザーを受けるわけではありません。

すると私には1万の薬剤の選択肢しかないのか、、、と思い、

1万円あるとかなり高級な化粧水が買えるなと考え、自分で保湿を頑張りますと言って断りました。

ほんとはイオン導入も一緒にするに越したことはないんでしょうけどね。

それから内服薬。

メラニンを抑える薬など美肌に効果的な薬を勧められました。

先生からも勧められており、私も内側から治療することで赤ら顔にもいい方向で効果を発揮してくれないかと期待したのと

初回限定の3000円のクーポンもあったため、お試しの気持ちで処方してもらうことにしました。

料金は30日分で5,500円でした。

受けるメニューが決まると最後に誓約書と同意書にサインをしました(*^^*)

フォトRFアドバンス照射

カウンセリングでメニューを決め支払いを済ませたあと、再び待合室で待ちました。

今回は早めに呼ばれ、洗顔に案内されました。

洗顔で化粧水、乳液を落としなにもつけない状態でカーテンで区切られた個室で待ちました。

すぐに施術室(カーテンで区切られたベッドがありレーザーを照射するところ)に呼ばれ次はいよいよ照射です。

照射は看護師さんが行ってくれました。

最初にWEB問診の内容に違いがないか最終確認をして、顔全体の写真を撮りました。

顔をまじまじとみられ写真を撮られたため私の顔はこれまでにないくらい真っ赤、、、。

もともと赤ら顔が悩みできてるんだから、看護師さんもなにも思わないだろうと自分に言い聞かせました。

気になる箇所を聞かれたので、とにかく頬を中心に顔全体が赤くなるのが気になることを伝えました。

それからついに照射です。 

ベッドに仰向けになり、目だけを隠し顔全体に冷たいジェルが塗られました。

照射は脱毛の時と同じような感じで、毎回パッシャという音とともに光ります。

目隠ししていても分かるほどの光です。

痛みは、、、説明ではゴムではじくようなと書かれていたのですが私の場合はその都度静電気が発生しているような感覚でした。

私がびくっとするせいかもしれませんが、足の先まで電気が走るような感覚でした。

しかし慣れてくると静電気が走るような感覚や恐怖もなくなりただの音と光だけ感じるのみで、

私の脳内では顔の毛細血管をどんどんやっつけていくイメージが沸き、やつけろやつけろーと思いながらむしろ心地よくさえ感じてきました。

そんな感じで約15分の照射はあっという間に終わりました。

看護師さんの説明では、最初はしみや赤みが強くなるが、だんだん薄くなっていくと言われました。

照射後の肌はダメージを受けている状態なので、日焼けはしないことや保湿ケアも十分におこなうようにも言われました。

最後に内服薬をもってきてくれたのですが、その内容の多さにびっくり!!

朝7錠、夕方6錠も飲まなければなりません。まるでお年寄りの薬のようです。

そんなに飲むと気持ち悪くなりそうだったので、その場でやっぱり断ろうと思ったのですが、肌の調子が良くなることが赤ら顔の改善にもつながるならばと希望をもち、とりあえず頑張って飲んでみることにしました。

薬をもらうと、あとは再び洗顔し置いてあるオールインワンのクリームを塗りその日のスケジュールは終わりになりました。

ダウンタイムはなくその場で化粧をして帰ることも可能なようでした。

私はなにも用意していなかったのでスッピンにマスクをして帰りました。

まとめ

美容クリニックは行き慣れないため予約の段階から緊張してしまいましたが、

ネット予約、問診のおかげで緊張もすることなくもじもじせずスムーズに来院までこぎつけることができました。

肌をきれいにしたり悩み解消に向けたメニューは上をみたらきりがないくらい沢山あるので、

色々勧められますが、事前に自分の行いたい施術や予算を決めておくことで、後から支払いが大変になるなど後悔することなく自分なりに満足のいく結果になると思いました。

照射は最初はびっくりしますが、慣れると心地よかったです。

これからの経過次第ですがもう一度受けるとなっても照射に対する恐怖心はないです。

肝心な赤ら顔への効果は、、、経過をみていくしかないですね。

また経過をブログで書いていきたいと思いますのでぜひ見に来てくださいね。

では、ここまで読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

momoka
百花といいます。 二人の子どもの子育て中です。 看護師/保健師/助産師  色々ありましたがなんとか資格を活かして働いています。。。 2018年に赤面症に悩み手術しました。 子育てに仕事に色々悩みながら試行錯誤中。 少しでもお役に立てると思ったことは情報発信していきますのでよろしくお願いします(^-^)